妊娠・授乳中はホルモンバランスの影響により、神経質になったりナイーブになったりしますよね。

いつもはズボラで大雑把でも、

 

「リブランコートは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫なのかな?赤ちゃんに悪影響はないかな?」

 

と急に不安になってしまうもの。

そこで、今回の記事ではそんなママの疑問にお応えいたします!

果たしてリブランコートは妊娠・授乳中でも飲めるのでしょうか?

 

妊娠・授乳中のリブランコート摂取について

実はこの件について、公式サイトに書かれている文章があるのです。

調べてみると、

 

妊娠中の方はお医者様に相談してから摂取してください

 

とのこと。

妊娠中は体質が変わったり、変わりやすかったりしますよね。

なので、ママの体をよく知るお医者様に相談して、許可が下りたら飲むようにしてください、ということです。

もちろん、ダメと言われたらおとなしく従いましょう。

 

含まれる添加物は安全?

まずここでリブランコートの全成分をおさらいしましょう。

松樹皮抽出物、レッドオレンジ抽出物、ザクロ抽出物、リンゴ抽出物、セラミド含有米抽出物、アサイー抽出物、アムラ抽出物、エラスチン、豚プラセンタ抽出物/セルビトール、セルロース、ビタミンC、ニ酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、ビタミンE、ビタミンA、ヒアルロン酸

この中には、サプリメントを製造するための4つの添加物が含まれています。

 

「ソルビトール」

 

「セルロース」

 

「二酸化ケイ素」

 

「ステアリン酸」

 

の4つです。

 

「ソルビトール」は甘味料で、使用量の制限が指定されていない安全な成分

「セルロース」はブドウ糖が結合したもので、言ってしまえば炭水化物です。

サプリメントを固める目的で使われます。

「ステアリン酸」は医療用としても使われるほど安全性が認められている乳化剤のこと。

 

注意したいのは「二酸化ケイ素」です!

リブランコートのパッケージに

 

「薬を服用中の方、あるいは通院中の方、妊娠・授乳中の方は医師にご相談の上お召し上がりください」

 

と書かれているんですね。

二酸化ケイ素の正体は

 

乾燥剤

 

です。

もし妊娠・授乳中にリブランコートを飲む場合は、必ずお医者様に相談してから摂取するようにしましょう。

くれぐれも自己判断で飲まないように。

 

妊娠・授乳中に「絶対NG」な日焼け止めサプリメントと、その成分は?

サプリメントなのに

 

「絶対NG」

 

なんて、そんな大げさな!

と思う方もいるでしょうが、実は妊娠中に絶対NGな成分があるのです。

ご存知でしたか?

それは

 

「ローズマリー葉(ニュートロックスサン)」

 

 

「PLエキス」。

 

ローズマリーを耳にしたことはありますか?

比較的有名な植物ではないでしょうか。

ヨーロッパでは古くから薬草として扱われてきた植物ですよね。

むくみや月経痛に効果が期待されており、ローズマリーはデトックスハーブと言っても良いくらいメジャーなアロマです。

 

「アロマテラピー」

 

は欧州において学問として確立されているほど研究が進んでいますが、日本ではまだその域に達していません。

 

「良い香りがする」

 

「リラクゼーション」

 

程度の認識でしょう。

欧州ではアロマを処方するために国家資格が必要なんですよ!

精油も処方箋がないと購入できないほど、アロマは医学的に効果・効能が認められているんです。

 

東洋医学の鍼灸・漢方に近しいもの、と言ったら伝わるでしょうか。

ローズマリーは前述の効果の他、女性の出産をスムーズに促す効果もあり、難産時や、出産予定日が遅れている場合などに処方されています。

もうお分かりでしょうか。

妊娠中にローズマリーを摂取すると、早産・流産の危険性が上がるのです!

ニュートロックスサンも

 

「シトラス果実」

 

 

「ローズマリー葉エキス」

 

から成る成分で、上記の理由により摂取は控えましょう。

ニュートロックスサンは

 

「飲む日焼け止め」

 

として、近年美容皮膚科で取り扱われている製品が増えています。

もし妊娠中に日焼け止めサプリメントを飲む場合は、ローズマリー葉やニュートロックスサンが配合されていないか、必ず確認してください!

 

少しでも不安なら掛かりつけの産婦人科医に相談しましょう

サプリメント摂取について、何か心配なことがあれば、必ずお医者様に相談してくださいね。

妊娠中のサプリメント摂取関連で多い質問は、日頃、健康維持のために飲む

 

「ビタミンサプリメント」

 

や、赤ちゃんの障害発生リスクを減少させると言われる

 

「葉酸サプリメント」

 

についてです。

市販薬の服用はダメだと知っていても、サプリメントの摂取についてはよく分からないという妊婦さんは多いのですね。

リブランコートは大人気商品ではあるものの、母体や胎児・乳児への影響についての臨床試験はほとんど行われていません。

ゆえに安全なものである、と断定できないのは明白

 

はっきりした研究結果が出ていないのであれば、お医者様の意見も多様に分かれてしまうことでしょう。

 

「サプリメントは食品なので大丈夫」

 

「危険性を重視してサプリメントは控えて欲しい」

 

など、医院によって違う返答が来るのです。

無論、産婦人科は

 

母子の健康を第一

 

に考えますから、どの医院でも日焼け止めサプリメントの摂取を推奨することはないはず。

サプリメントの摂取はママが全ての責任を負うことになります。

ほんの少しでも不安があるならば、妊娠・授乳中の摂取は避け、赤ちゃんのことを一番に考えてあげてください。

 

「絶対にダメ!」とは言いません

だからと言って塗るタイプの日焼け止めを大量に使用してしまうと、商品によっては逆にその方がリスキーなこともあります。

紫外線を直接浴びることも、あまり推奨されたものではありません。

場合によりけりですが母体や胎児のことを考えると、日焼け止めサプリメントを摂取したほうが良いというケースもあるでしょう。

もちろん、商品を選ぶときは成分を確認し、お医者様に相談することを忘れないでくださいね。

 

まとめ

現在、日焼け止めサプリメントは様々なものが販売されていますが、それらは妊娠・授乳中の方を対象として作られたサプリメントではありません。

何も知らずに購入し、自己判断で摂取してしまうことだけは絶対に避けてくださいね。

自ら商品の成分を知り、効果・効能を把握することも重要になってくるでしょう。

 

もし妊娠・授乳中にサプリメントを摂取するときは、必ず掛かりつけの産婦人科に相談してください。

もしかしたら、妊娠・授乳中でも摂取できるサプリメントを、お医者様が教えてくれるかもしれませんよ。

今回の記事が参考になれば幸いです。



リブランコート最安値公式サイトはこちら!

★最安値公式サイトはこちら★