今流行の紫外線対策は「飲むホワイトケア」!

リブランコートは飲むことで美白効果を得てしまおうという画期的なサプリメントで、女性の間で大人気の商品なんです。

塗るタイプの日焼け止めはべたつくし、何度も塗り直しが必要な上、丁寧に落とさなければなりません。

だからといって、夏の日に帽子やサングラス、長袖に長ズボンなんて格好はお世辞にもオシャレとはいえませんよね。

 

リブランコートは口コミサイトでも評価が高く、未購入の方も気になっているのではないでしょうか?

今日は、そのリブランコートの成分についてまとめました。

まだ購入していない方は、リブランコートにどういう成分が含まれていて、どういう効果があるのか、そして副作用やアレルギーの心配はないのか、気になりますよね。

ぜひ記事を参考にして、購入してくださいね!

 

リブランコートの成分は安全なの?危険なの?

まず、リブランコートの全成分をご覧ください。

松樹皮抽出物、レッドオレンジ抽出物、ザクロ抽出物、リンゴ抽出物、セラミド含有米抽出物、アサイー抽出物、アムラ抽出物、エラスチン、豚プラセンタ抽出物/セルビトール、セルロース、ビタミンC、に酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、ビタミンE、ビタミンA、ヒアルロン酸

全て公式サイトで公開されているものです。

主成分は植物由来

 

そしてビタミンやプラセンタ、ヒアルロン酸など、美白に欠かせない成分がふんだん含まれています!

ところで、原材料の表示に関するルールはご存知ですか?

原材料の表示は、食品の量(または個数)あたりに含まれる成分の多い順番で記載する決まりになっています。

リブランコートは植物抽出成分が表示の前半部分を占めているので、これは添加物や甘味料といった余計な成分が最小限に留められていると言えますね。

 

サプリメントの中には、メイン成分の配合が少なく、化学的な添加物が多く含まれているものもあります。

リブランコートはその点で、私たちに嬉しい配合で作られているのです。

では次に、主成分が各々どのような効果をもたらしてくれるのかまとめますね。

 

フラバンジェノール

松樹皮抽出物のことです。

リブランコートの主成分で、一日2粒あたり40mg配合されています。

 

もしかして他の化粧品にも配合されている?

 

とお気づきの方、その通りです!

フラバンジェノールは肌に与えることで高い抗酸化作用を発揮し、美容・アンチエイジング効果が期待できる成分なんです。

サプリメントとして飲むことで、体内から抗酸化作用を発生させ、その効果をいっそう高めます。

 

産地はフランス南西部ランド地方。

海岸松樹皮から丁寧に抽出されているから、ポリフェノールもたっぷり!

美肌に嬉しい成分なんですね。

 

レッドオレンジ抽出物

別名

 

「レッドオレンジコンプレックス」

 

とも言われ、日焼け止めサプリメントの成分としてはメジャーです。

地中海産のレッドオレンジは強い抗酸化作用紫外線保護効果を併せ持つことが確認されていて、肌の赤らみを抑制する働きもあるんです。

 

紫外線からダメージを保護する作用はおよそ15日間の継続が認められています。

短い期間で、レッドオレンジの効果を実感できると言えるでしょう。

 

ザクロ エラグ酸

「エラグ酸」

 

とはザクロに含まれる天然のポリフェノールです。

ザクロの他、イチゴなどのベリー系の赤い果物に良く含まれている成分ですね。

美容・健康には積極的に摂りたい成分の一つです。

 

米グルコシルセラミド

セラミドは肌の保湿に欠かせない成分としてお馴染みですね。

リブランコートは数あるセラミドの中でも、私たち日本人に最適とされる米から抽出したグルコシルセラミドを含んでいます。

これを摂取することで体内から保湿力を高めることが期待できるんですね。

 

また、チロシナーゼの活性化を抑え、メラニンの生成を防ぐ効果も期待されているんですよ。

肌の乾燥を防ぎつつ、美白ができるなんて素晴らしいですね!

 

ビタミンA・C・E

この3つは合わせて

 

「ビタミンACE(エース)」

 

と呼ばれ、紫外線対策にとても有益な成分だとされています。

メジャーな栄養素なので皆様もご存知ですよね。

この3つを同時に摂取し、各々の吸収率を高めることでより高い効果が期待できます。

 

添加物による安全性はある?ない?

リブランコートはサプリメントなので、製品化に必要な最低限の

 

添加物

 

が配合されています。

以下に詳細を載せますね。

 

  • ソルビトール

 

甘味料です。含まれる量は、その最大限度・使用制限がなく、安全性の高い添加物として認められています。

 

  • セルロース

 

錠剤を固めるために使われています。

その正体はブドウ糖をたくさん結合させたもの、つまり炭水化物なので、安全な成分と言えるでしょう。

 

  • 二酸化ケイ素

 

二酸化ケイ素は乾燥剤です。

その使用量の最大限度は2%とされ、母乳代替食や離乳食には使用が禁じられている成分です。

リブランコートはGMP(「適正製造規範」のことですね)認定工場で製造されており、二酸化ケイ素の使用限度は厳守されています。

しかし、念のため妊娠・授乳中の方は摂取を控えた方良いでしょう。

 

  • ステアリン酸カルシウム

 

乳化剤のことですね。

水と油分を混ぜ合わせるために使われる添加物で、医薬品にもよく使われています。

医薬品に使われているくらいですから、その安全性は十分に確認されていると言えますね。

 

上記の結果、おおよその添加物は安全です。

気をつけるとすれば

 

「二酸化ケイ素」。

 

実はリブランコートの袋の裏面に

 

「薬を服用中の方、あるいは通院中の方、妊娠・授乳中の方は医師にご相談の上お召し上がりください」

 

と書かれているんですね。

なので、もし該当する方がいらっしゃれば、お医者様に相談するか、摂取を控えた方が良いでしょう。

 

ビタミンAに関する摂取量とその副作用について

リブランコートに含まれるビタミンAですが、含まれている量は1日2粒あたり

 

77~490μg」。

 

実は

 

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

 

に、ビタミンAの摂取目安・耐容上減量が記されています。

※()内男性 推奨量 耐容上限量
18歳~29歳 650(850) 2700(2700)
30歳~49歳 700(900) 2700(2700)
50歳~69歳 700(850) 2700(2700)
70歳以上 650(800) 2700(2700)

ビタミンAは脂溶性なので体内に蓄積されやすい栄養素です。

過剰摂取により頭痛・皮膚炎・関節痛等の副作用があり、一度に多量を摂取した場合にはビタミンA過剰症になる恐れもあります。

普段からビタミンサプリメントや、ビタミンAを多く含むサプリメント(例えばアイケアサプリメント)を摂取している方は、過剰摂取に注意が必要です。

 

気をつけたいアレルギー成分3つ

「アレルギーの特定原材料に準ずるもの」

 

として、リブランコートには

 

「オレンジ」

 

「りんご」

 

「豚肉」

 

が含まれています。

もしこれら3食品のアレルギーを持っているのであれば、リブランコートの摂取は避けてくださいね!

 

リブランコート、安全へのこだわり

最後に、その他に心配と予想される要因について記載しておきますね。

 

  • リブランコートは農薬検査・放射能検査クリア済み!

 

リブランコートは特殊な機械を用いて放射線セシウムや残留農薬を検査しており、いずれも未検出という結果が出ていますよ。

 

  • 製造現場は日本国内のGMP認定工場です。

 

厚生労働省が認定した品質管理基準を満たした工場で製造されています。

国内産、というのも安心できますね。

 

まとめ

リブランコートの特徴は4つ。

 

「高い抗酸化力」

 

「メラニン生成を抑制」

 

「高い美肌効果」

 

「十分な安全性」

 

です。

毎日の紫外線対策だけでなく、エイジングケアや美白目的等、トータルスキンケアに最適なサプリメントであることが分かりましたね。

主成分は植物の抽出液。

 

二酸化ケイ素

 

 

ビタミンAの過剰摂取

 

に気をつければ、どなたでも安心して飲むことができるサプリメントです。



リブランコート最安値公式サイトはこちら!

★最安値公式サイトはこちら★